FOMC前で大きくは動けず。

基本は引き付けてドル円、クロス円ともに戻り売りイメージ。
昨晩の概況
アジア時間からジリ高を続けていたドル円だったが、午後3時過ぎに94.900を越えてからストップ買いに弾みが付いて95.000を突破。そのまま95.12の東京高値までタッチ。欧州時間は95円台の重たさと94.70以下の底固さとでにらみ合いが続き横ばい推移。NYがスタートしてからも材料に欠け(FOMC待ちで動きにくい)同じレンジを小動き推移。午前3時を回って、「日本の成長は大胆な金融政策が支援とG8は認識」などの発言を日本の金融緩和が理解を得られているとして市場が円売り材料と見てドル買い、更にはFT紙の「米量的金融緩和の縮小時期が近付いているとバーナンキ議長が示唆する可能性」がドル買い要因とされたが、その後FT紙記者が「FRBが市場操作のため、任意の機関に情報をリークすることはない」とツイッターに書き込んだことが判り、これをきっかけとしてロングの解き売りがスタート。94.65-70のサポートが割れて94.50以下のストップを引っかけて94.28まで急落する動きがありました。現在は94.66と昨日のレンジ94.04-95.22の半値94.635に近く、動きにくい展開となりそうです。
ドル円 売り
ドル円は引き付けて売りから。95.050、95.150で売りイメージで、ストップは95.350。利食いは94.400以下、94.300にかけて。昨日のレンジ94.040-95.220を大きくはみ出すようなことは考えにくく、レンジの中では売りから。または成行で94.80台や90台でショート振りもいいと思うがただしショートを振ってその後94.50も割れないようであれば、利食い千人力で早めに利食いしたい。

レンジ 94.300(94.400)--(95.050)95.200 
作成時 94.608-612 8:17AM


ユーロドル 買い目様子見
ユーロドルはイメージ的には買いなのだが、1.33500、1.33400で買いから入っていいのかどうかあまり自信
がない。ストップは1.33150に置くが、利食いも1.4000近辺で行うイメージであれば、1.33台後半はストップ的に
買うには高く買い目で様子見する。

レンジ 1.33300(1.33500)--(1.33950)1.34150 
作成時 1.33618-625 8:26AM


ユーロ円 売りだが、引き付けて。
ユーロ円は充分に引き付けて126.800、126.900で売りから。ストップは127.200に置きながら、126.350以下、
126.250で利食いをイメージしたい。あまり突っ込んで売りたくはないので、126円台ミドル以下は様子見します。

レンジ 126.250(126.350)--(126.800)127.000 
作成時 126.357-371 8:36AM