海運株が上昇、バルチック指数上伸で業種別値上がり2位に

 川崎汽船<9107.T>が一時前日比5.4%高となる195円まで買われたほか、商船三井<9104.T>など海運株が上昇、前引け時点では業種別騰落率で鉱業に次ぐ2位に買われている。鉄鉱石や石炭、穀物などを輸送するばら積み船市況の総合的な値動きを示すバルチック海運指数は、17日現在で8日続伸となり海運市況に底入れ感が出始めている。中国経済の不透明感を背景とした物流需要の停滞懸念から、海運セクターは逆風が意識されていたが、ここにきて中国向けの鉄鉱石を買う動きが一部観測されており、これが環境の変化を示唆しているとの見方が強まった。

川崎汽船の株価は12時31分現在192円(△7円)
商船三井の株価は12時31分現在375円(△16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)