<動意株・18日>(前引け)=ラサ工、ドワンゴ、T&Dニーズ

 ラサ工業<4022.T>=急騰。ここ個別材料株物色が活発化しているが、低位で個人投資家にも人気の高い同銘柄にも物色の矛先が向いた。今年1月下旬に突如人気化した経緯があるがこの時に、「日本カーバイド工業<4064.T>を手掛ける資金のシフトが噂された時期があった」(中堅証券営業体)ことから、今回の相場でもその時の連想が働いているようだ。

 ドワンゴ<3715.T>=急伸。7月の参院選まであと1カ月に迫っているが、ネットを利用した選挙運動が可能になったことで、既に会員数3300万人を突破したニコニコ動画を手掛ける同社の展開力に改めて注目。同社の場合は先の衆院選で党首討論会をニコニコ動画で配信した実績を評価。今9月期業績も経常利益が55%増益の20億円と急回復見通しにあることもポイント。

 テイクアンドギヴ・ニーズ<4331.T>=大幅高で3日続伸。同社はハウスウエディングの草分けだが、晩婚化の影響もあって需要は好調に増加傾向を辿っており、同社の挙式件数は過去最高となるなど成長が加速している。アベノミクスへの期待で、国内の消費マインドの改善が進み、高額消費関連への注目も高まっているが、これは同社にも追い風となっているようだ。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)