<後場の注目銘柄>=バイリーン、今期営業益2.4倍へ

 日本バイリーン<3514.T>の14年3月期の連結業績予想は、売上高515億円(前期比7%増)、営業利益25億円(同2.4倍)と大幅増益を見込む。

 同社は不織布のトップメーカーで、自動車向けの依存比率が高い。自動車用フロアマットや、ハイブリッド車向けニッケル水素二次電池セパレータ、衣料・メディカル分野の貼付薬用基布など自動車関連中心に売上拡大を計画している。特に、本格稼働が遅れていた米国連結子会社の安定稼働による売上原価の改善、固定費の削減が寄与する。

 株価は、全般急落相場のなかにあっても450円台固めの推移が続いている。PERは10倍水準と依然として割安にある。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)