三菱商が冴えない、豪西部の鉄鉱石鉱山の開発延期と報じられる

 三菱商事<8058.T>が冴えない。きょう付の日本経済新聞で、同社が100%の権益を持つオーストラリア西部の鉄鉱石鉱山「ジャックヒルズ鉄鉱床」の開発が当面延期となり、港湾などのインフラ整備会社が今月末までに人員削減を行うことが分かったと報じられたことを嫌気。記事によると、総事業費が当初予想より上昇していることに加えて、鉄鉱石の価格が下がっているため、現状では採算が合わないと判断したという。ただ、これによる業績への影響は大きくないとみられ、また、直近の下落で株価に割安感も出ていることから、下値には買いも入っているようだ。

三菱商の株価は13時5分現在1708円(▼16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)