カプコンが反落、株主総会では開発体制の強化に意欲

 カプコン<9697.T>が反落。この日、午前10時から大阪キャッスルホテルで株主総会を開催、総会での席上、辻本憲三会長は、次世代ゲーム機やスマートフォンなどゲームプラットフォームの多様化が進むなかで「内製化率の向上など開発体制を強化していく」と今後の見通しを語った。8月29日に発売されるロストプラネット3(PS3とXbox360対応)と9月14日に発売されるモンスターハンター4(ニンテンドー3DS対応)の拡販に意欲を見せており、今後の展開が評価されれば株価も出直りが期待される。

カプコンの株価は13時17分現在1508円(▼23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)