「十字足が出現、強弱感は対立だが・・・」

「相変わらずFOMC待ち」
 本日の日経平均は25.84円安の13007.28円で取引を終了した。午前中は米株高などを受けて強含む場面もあったが、後場に入ると総じて軟調推移。今晩から始まる米FOMCに対する警戒感があり、投資家は様子見姿勢を強めた。日経平均の日足チャートでは、十字足が出現。この付近で強弱感が対立していることを示唆しており、明日の材料待ちといった感じとなっている。

「入国審査はアメリカ人」
 でも、実際に入国審査をするのは、アメリカのエライ人だ。バーナンキという「逆さ顔」にしても大丈夫そうなオジサンが、今回のエンマ大王である。まあ、この流れでいくと、入国の許可は下りるだろう。あとは入国ゲートをどのくらいのスピードで通過するのかが焦点となる。