あす(19日)の株式相場見通し=小動きながら買い優勢、FOMC待ちで薄商い

12d634880

 あす(19日)の東京株式市場は、現地19日発表のFOMC(米連邦公開市場委員会)声明文や、その後のバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長の会見内容を見極めたいとの姿勢から、引き続き売り買いともに手控えムードが継続し、日経平均株価は1万3000円を挟んでの小幅な値動きとなりそうだ。ただ、外国為替市場で5月下旬から続いてきた円高・ドル安傾向に歯止めが掛かりはじめたとの指摘もあり、株式市場は買い優勢の地合いとなりそうだ。
 18日の東京株式市場は3日ぶりに小幅反落。日経平均株価終値は、前日比25円安の1万3007円となった。東証1部の売買高は24億3480万株と今年最低で、12年12月25日以来ほぼ半年ぶりの低水準となった。売買代金は1兆9258億円と2日続けて2兆円を下回った。
 日程面では、安倍首相が経済政策について講演(ロンドン)、5月の貿易統計、5月の全国百貨店売上高、5月の訪日外国人数、5月の半導体製造装置のBBレシオに注目。海外では、バーナンキFRB議長会見、日米韓局長級協議(ワシントン)が焦点。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)