メディシノバが急反発、米国薬物依存問題学会でのイブジラストの発表を好感

 メディシノバ<4875.OS>が急反発。この日、午前8時に6月15日から20日にかけてサンディエゴで行われている米国薬物依存問題学会の第75回年会において、MN―166(イブジラスト)のメタンフェタミン依存症治療を適応とするフェーズ1b臨床試験の結果として安全性に関するポジティブなデータが発表されたことを好感している。18日に行われたポスターセッション及びシンポジウムセッションにおいてMN-166(イブジラスト)が取り上げられている。シンポジウムでは著名な研究者らにより、薬物依存症における活性グリア細胞の役割や、MN―166のようなグリアアテニュエーターの薬物依存症治療に対する関与の可能性などが議論されている。

メディシノバの株価は9時8分現在261円(△26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)