ツルハHDが反落、14年5月期増収増益見通しも市場予想を下回る

 ツルハホールディングス<3391.T>が反落。18日の取引終了後に連結本決算を発表しており、14年5月期業績予想は売上高3620億円(前期比5.5%増)、経常利益243億1100万円(同2.1%増)と増収増益を見込むものの、市場予想平均の経常利益254億円、四季報予想の同258億円を下回っており、これが嫌気されている。
 なお、13年5月期は売上高3430億1900万円(前の期比6.9%増)、経常利益238億2100万円(同19.4%増)となった。カウンセリングを主体とした接客サービスの徹底を図ったほか、PB商品「M’s one(エムズワン)」の積極展開を行ったことなどが奏功した。また、好業績を受けて、期末配当についても従来予想の50円から80円に増額した。

ツルハHDの株価は9時15分現在8510円(▼220円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)