夢の街が反発、韓国での合弁会社設立を好感

 夢の街創造委員会<2484.OS>が反発。18日大引け後に韓国法人であるDOWON UBTECH(韓国・ソウル特別市)と共同出資による合弁会社(子会社)を設立し、同社の連結子会社である夢の街(韓国・ソウル特別市)株式の全部を譲渡することを発表したことが好感されている。韓国子会社である夢の街は、韓国で出前ポータルサイトを構築し運営すべく準備を進めてきたが、韓国国内のデリバリー産業における商慣習を踏まえ、よりユーザビリティの高いサイト構築と運営を行うために、現地企業であるDOWON UBTECHとの合弁会社設立となった。
 同社が「出前館」の運営によって蓄積したノウハウに、DOWON UBTECHのシステム開発およびWEB/Mobileサイト構築における高い技術力を融合することで早期にビジネスを軌道に乗せる方針。同社の韓国での事業展開が加速化する期待が高まっている。

夢の街の株価は9時26分現在871円(△16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)