海運株が大幅高、業種別値上がりで断トツ

 日本郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>、川崎汽船<9107.T>など海運株が軒並み続伸、9時30分現在、海運セクターの上昇率は5.8%と業種別騰落率で断トツとなっている。鉄鉱石や石炭、穀物などを輸送するばら積み船市況の総合的な値動きを示すバルチック海運指数は、ここ底入れ歩調を強めており、海運市況回復の兆しを株価が織り込み始めている。コンテナ船は6月に実施した地中海航路の運賃引き上げが浸透している状況にあり、市場では世界景気の回復期待から海運株への見直し余地を指摘する声も強い。

日本郵船の株価は9時32分現在264円(△11円)
商船三井の株価は9時32分現在397円(△16円)
川崎汽船の株価は9時32分現在204円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)