第一三共が4日続伸、抗血小板剤「プラスグレル」の国内製造販売承認の申請を発表

 第一三共<4568.T>が4日続伸。18日に抗血小板剤「プラスグレル」の、経皮的冠動脈形成術(PCI)を伴う虚血性心疾患の適応に関して、国内における製造販売承認申請を行ったと発表したことを好感。プラスグレルは、第一三共と宇部興産<4208.T>が創薬した経口抗血小板剤で、血小板の凝集を抑制することで、動脈の狭窄・閉塞を防ぐ作用がある。国内では虚血性脳血管障害患者を対象とした第3相臨床試験も実施しており、14年度に終了の予定としている。

第一三共の株価は9時47分現在1627円(△27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)