<前場の注目銘柄>=芦森工、ニッケ大株主で株高思惑

 芦森工業<3526.T>は材料株としての魅力を内包しており注目だ。同社は4月初旬、ニッケが東洋紡から同社株を取得し筆頭株主となったことで、市場関係者の間ではにわかに需給思惑が取り沙汰されている。同社株買い増しの思惑なども取り沙汰される中、株価は動意急の様相だ。

 業績面でも買い余地がある。14年3月期はシートベルトやエアバッグなどが自動車販売の回復を受けて拡大、コスト削減努力も寄与して経常利益は前期比倍増の10億円の見通し。PBRは1倍を下回っており下値リスクは限定的。今年3月13日に突発的に商いを膨らませ急騰したが、この時の年初来高値190円払拭から200円台乗せも視野に入る。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)