ソフトバンクが大幅反発、買収対抗馬の撤退好感

 ソフトバンク<9984.T>が大幅反発。米携帯電話大手のスプリント・ネクステル買収に関して対抗馬の出現や買収価格の引き上げなど不透明な環境が続いていたが、きょう朝方に複数のメディアを通じ、対抗馬となっていた米ディッシュ・ネットワークがスプリントの買収合戦から撤退表明したことが報じられ、これを好感する買いが入っている。もっとも、ディッシュはスプリントが過半の株式を保有する高速無線通信のクリアワイヤの買収に集中する構えにある。ソフトバンクにとってスプリントの買収を通じてクリアワイヤも傘下に収めることが必須課題となっているだけに、ディッシュが表向きの買収合戦から撤退するとはいえ、一筋縄ではいかないとの見方が市場では支配的だ。

ソフトバンクの株価は10時10分現在5490円(△250円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)