JFEHDが続騰、JFEエンジニアリングが九電工などと再生エネ発電事業に参入

 ジェイエフイーホールディングス<5411.T>が続騰、前日比132円高の2180円まで買い進まれた。相場全体の地合い好転で売り込まれた銘柄が買い直されるなか、18日に傘下のJFEエンジニアリングが九電工<1959.T>、オリックス<8591.T>グループのキューコーリースと再生可能エネルギーによる発電事業を共同で推進することで業務提携したと発表。第1弾として3社が共同出資する九州シャインエナジーを設立し、熊本県玉名郡の名石浜太陽光発電所の建設に着手、最大出力1.7メガワットのメガソーラーで、発電する電力はすべて九州電力に売電する。今後、全国各地で太陽光発電所の開発を進め、15年度までに約50メガワット規模の発電規模を目指すとともに、地熱発電を含めた発電所用地の確保や事業化の検討を共同で進めていくとしている。

JFEHDの株価は10時32分現在2180円(△132円)
九電工の株価は10時32分現在437円(△7円)
オリックスの株価は10時32分現在1302円(△32円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)