山陽電鉄が年初来高値、切り口多彩で上げ足速める

 山陽電気鉄道<9052.OS>が4日続伸し年初来高値を更新した。神戸―姫路間を地盤としており、親会社である阪神電鉄との相互乗り入れにより、姫路から大阪までの直通運行で鉄道利用者は安定的に推移している。世界遺産の姫路城は「国宝姫路城大天守保存修理工事」を実施中で2015年3月竣工後は観光客の増加が期待されるが、目先的にも来年、NHKで放送される大河ドラマ「軍師官兵衛」が放送されることから黒田官兵衛が居城にしていた姫路城への関心が今後高まることが予想される。沿線への観光客増に加えて、同社が近年注力している不動産開発への関心も高い。

山陽電鉄の株価は11時現在398円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)