JFEHDなど高炉株が軒並み高、粗鋼生産回復で見直しの動き

 ジェイエフイーホールディングス<5411.T>、日新製鋼ホールディングスホールディングス<5413.T>など高炉株が軒並み上値指向にある。高炉セクターは前々期、前期と業績不振で株価も停滞を強いられていたものの、ここにきて急速な見直し買いが入り始めた。12年度第3四半期に国内粗鋼生産は2600万トンを割り込んだが、第4四半期には2663万トンと増加に転じ、今年度も回復傾向は続いており、経済産業省予測では第1四半期は2758万トン見込みとさらに増勢基調にある。復興需要の本格化が鉄鋼需要を引き上げているほか輸出については、自動車メーカーが海外での現地生産に注力する中で中間製品である熱延鋼板が好調となっている。

JFEHDの株価は12時45分現在2146円(△98円)
日新製鋼HDの株価は12時45分現在833円(△27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)