<後場の注目銘柄>=リロHLD、2ケタ増益歩調継続で今期最高益へ

 リロ・ホールディング<8876.T>は成長力を背景に中期上値余地があり、目先の押し目は絶好の買い場となりそうだ。

 同社は転勤留守宅の賃貸管理など企業の社宅管理や、福利厚生のアウトソーシングに展開している。数年来増収2ケタ増益基調をキープしているが、14年3月期の連結経常利益も前期比12%増の80億円見通しと過去ピーク利益更新の見込みにある。また、毎期増配を繰り返すなど株主還元姿勢にも厚く、今期配当も前期比5円増の80円を計画、これで11期連続増配となる見通し。

 日本企業のグローバル化に歩調を合わせ海外リロケーション事業も好調。留守宅管理や海外赴任業務支援などが伸びて業績に貢献している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)