共英製鋼が急反発、高値からの下落率30%超え自律反発

 共英製鋼<5440.T>が急反発、前日比95円高の1538円まで上昇した。先月15日に付けた年初来高値1926円からの下落率が30%を超え、地合いの落ち着きとともに自律反発に転じており、新日鉄住金<5401.T>やJFEHD<5411.T>など鉄鋼大手に対する出遅れ感も買い気を強めさせた。鋼材市況は低迷が続いているものの、コスト対策で2ケタ超の増益を見込み、14日現在の信用倍率0.85倍の好取組みも下値を支えている。

共英製鋼の株価は15時現在1525円(△82円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)