【売り】東京電力<9501>目先の材料出尽くしか=西村剛

500円を割れば短期で480円程度までの下落もあり得る
■注目銘柄
東京電力 (9501) 売り

■注目理由
株価は5月14日に年初来高値をブレイクアウトし急騰。21日には841円の高値を付けたのち、517円まで下落した。価格大別出来高を確認すると480円から500円の間が真空地帯となっており、株価が500円を割り込むような展開になれば、短期的に480円前後まで下落があってもおかしくはないだろう。同社の場合、ファンダメンタルズ分析では不透明な要因が多いため買うことは難しく、あくまでも短期トレードと割り切ることが大切。長期で買えると判断するには、少なくとも終値が25日移動平均線を上回ってからが無難だろう。