あす(20日)の株式相場見通し=不安材料払拭で買い優勢、バーナンキ議長発言注視

B7ff5b32a

 あす(20日)の東京株式市場は、現地19日のFOMC(米連邦公開市場委員会)と、その後のバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長の会見内容によって大きく左右されることになりそうだ。ただ、緩和縮小観測については、この約1カ月間の円高、株安でかなりの部分を織り込んだとの見方も多いことから。極端にマイナスに受け止められる内容でなければ、〝イベント通過〟で不安材料が払拭され、買いが優勢となりそうだ。
 市場関係者からは「5月22日の量的緩和縮小を示唆した発言以降、株式、外為など金融市場が混乱していることもあり、バーナンキ議長は緩和縮小については慎重な対応で臨むのでは」との見方が出ている。緩和縮小に対する姿勢が穏やかとの受け止めが広がれば、日本株の上昇につながる可能性もある。
 日程面では、5月の全国コンビニエンスストア売上高、5月の全国スーパー売上高に注目。海外では、ユーロ圏財務相会合、中国6月のHSBC製造業PMI、米5月の中古住宅販売、米5月の北米半導体製造装置BBレシオ、米5月のCB景気先行総合指数が焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)