新晃工が3日続伸、大型商業施設向け好調で見直す

 新晃工業<6458.OS>が3日続伸。7日には670円まで下落していたがその後は700円台で底堅い動きとなっていることから、目先的には底打ち感が台頭している。「グランフロント大阪」にはエアハンドリングユニットを300台納入するなど大型商業施設向けを中心に受注は好調で、セントラル空調機器の大手として見直しが進んでいる。

新晃工業の株価は10時57分現在767円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)