任天堂が5日ぶり反落、シティが目標株価引き上げも「Wii U」の早期需要改善困難と見る

 任天堂<7974.OS>が5日ぶりに反落。19日付でシティ証券が目標株価を9200円から1万600円へ引き上げたが、投資判断は「中立」を据え置いた。シティでは為替前提の変更で業績予想を上方修正したが、「Wii U」の早期需要改善は困難と見ており、カジュアルゲーマーに対してもタブレット型コントローラーの認知が進展しておらず、大幅値下げなしには需要低迷からの抜本的な脱却は難しいとしている。

任天堂の株価は10時34分現在1万880円(▼120円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)