サイボウズは軟調、富士通とグループウェアのSaaS提供での協業を発表

 サイボウズ<4776.T>が軟調。きょう20日、サイボウズと富士通<6702.T>は、サイボウズの提供するエンタープライズグループウェアサイボウズガルーンのSaaS(ソフトウエアのうち、ユーザが必要とするものだけをサービスとして配布し利用できるようにしたソフトウエア)提供において、協業することを発表した。
 富士通は、人気グループウェアをSaaSとして提供することで、富士通パブリッククラウドサービス利用の拡大を図る。サイボウズでは、海外市場向けサービスの展開で、富士通がグローバル6カ国に展開する富士通パブリッククラウドサービス上に「ガルーン」を搭載することで、アジア、東南アジア地域の企業だけでなく、グローバル企業に向けても、信頼性の高い均一なサービスを提供するとしている。

サイボウズの株価は12時53分現在2万3550円(▼280円)

 

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)