ユニチャムが反落、GS証券が第1四半期決算プレビューで「出だしやや弱い」と評価

 ユニ・チャーム<8113.T>が反落。ゴールドマン・サックス証券による第1四半期(4~6月)決算プレビューで、「円安効果を除くと利益はほぼ横ばいで14年3月期の出だしはやや弱い」と指摘されたことを嫌気。国内事業でベビー用紙おむつ「ムーニー」や「マミーポコパンツ」が新製品効果などで増収基調だが、販促や広告費などのマーケティング費用が増加し、利益面では減益になったとしている。

ユニチャムの株価は14時30分現在5530円(▼200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)