◆20日のNY株式市場の概況 NYダウ今年最大の下げ幅を記録

 20日のNY株式市場はNYダウが大幅続落し、前日比353.87ドル安の1万4758.32ドルと今年最大の下げ幅を記録し、終値ベースで12日以来となる1万5000ドルの大台を割り込んだ。また、ナスダック総合指数も同78.57ポイント安の3364.63で取引を終了した。19日にバーナンキFRB議長が金融緩和策の縮小に向かう可能性に言及したことで、アジアや欧州の株式市場が下落した、これにより投資家心理が悪化し運用リスク回避の動きが強まっており、米株安に拍車をかけた。なお、5月の米中古住宅販売は、季節調整済みの年率換算で518万戸と市場予想の500万戸を上回ったが、相場への影響は限定的だった。出来高概算はニューヨーク市場が10億6227万株、ナスダック市場が19億8791万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)