CANBASが大幅3日続落、13年6月期業績見通しを従来予想の下限値に修正

 CANBAS<4575.T>が大幅3日続落。20日の取引終了後、13年6月期の業績見通しを従来予想の売上高0~10億円、経常損益6億7600万円の赤字~3億2300万円の黒字から、従来予想の下限値である売上高0円(前期0円)、経常損益6億7500万円の赤字(前期11億1800万円の赤字)に修正したことを嫌気。
 同社は、開発中の抗がん剤候補化合物「CBP501」にかかる武田薬品工業<4502.T>との共同事業化契約を10年6月に解消して以来、提携パートナーとなる製薬企業などとの連携を模索しつつ、単独でCBP501の臨床開発を進めている。しかし、現在の提携活動状況から、13年6月期中に新規契約締結に至る可能性がなくなったと判断したため、業績修正を行ったとしている。

CANBASの株価は9時39分現在1296円(▼144円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)