青山商が続落、西日本での気温低下でクールビズ製品の販売動向を懸念

 青山商事<8219.OS>が続落。同社地盤の西日本では局地的な大雨が続き気温が低下していることから、クールビズ関連製品への販売動向に不安が高まるところ。5月度の月次売上高では、既存店売上高が前年同月比5.7%減と2カ月連続で前年割れとなっている。同社では熱遮蔽機能素材「coldblack」を採用したスーツなど例年以上にクールビズ製品を充実させており、月次販売の回復には今後の天候動向も注視される。

青山商事の株価は10時1分現在2469円(▼133円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)