外為:豪ドル、89円52銭前後へ下落、中国景気不安で売り先行

 21日の東京外国為替市場の豪ドル・円相場は午前10時30分時点で、1豪ドル=89円52~56銭前後と前日午後5時時点に比べ64銭の円高・豪ドル安。中国景気への先行き不安が出ているほか、米国の量的緩和の縮小は米金利高となり、高金利通貨である豪ドルの相対的な魅力が減るとの見方もある。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)