コマツなど中国関連株が続落、中国金利の大幅上昇に不安感

 コマツ<6301.T>、日立建機<6305.T>など中国関連株が続落。前日はHSBCが発表した中国の6月製造業購買担当者景気指数(PMI)が市場予想を下回ったことが嫌気されたが、同時に中国の金融市場で短期金利が急上昇していることも不安感を呼んでいる。中国短期金融市場で指標となる上海銀行間取引金利(SHIBOR)は20日に13.444%と過去最高水準に急伸しており、銀行や企業の資金繰りへの影響が懸念されている。この日の中国上海総合指数は大幅続落となっていることも中国関連株への売りを誘っている。

コマツの株価は11時4分現在2245円(▼74円)
日立建の株価は11時5分現在2000円(▼65円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)