関西電力が続落、原子力規制委員会が大飯原発安全上問題ないとするも株価に織り込み済み

 関西電力<9503.T>が続落。20日に原子力規制委員会が大飯原子力発電所3号機と4号機の現状について「直ちに安全上重大な問題が生じるものではないと判断する」とする評価書をまとめたが、これまでの報道で大飯原発の運転継続の可能性は伝えられており、織り込み済みとして利益確定売りが先行している。同社株は大飯原発運転継続期待を手掛かりに直近安値から19日につけた戻り高値1436円まで36%強値上がりしていた。

関西電の株価は11時30分現在1325円(▼37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)