村田製が朝安の後下げ幅を縮める、2カ月半ぶり7000円大台割り込見突っ込み警戒

 村田製作所<6981.OS>が続落。NY株安を受けた相場全体の地合い悪化に伴い売りが先行しており、スマートフォンの伸び鈍化による電子部品受注減少への警戒感と信用買い残が積み上がるなど需給懸念が買いを手控えさせた。ただ、約2カ月半ぶりに7000円大台を割り込んだことで、突っ込み警戒感から買い戻しが入っており、朝安の後は下げ幅を縮めている。

村田製作所の株価は11時30分現在7110円(▼90円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)