富士急が年初来高値更新、世界文化遺産登録の正式決定を先回り買い

 富士急行<9010.T>が3日続伸し年初来高値を更新。株価は一時、前日比50円高の1220円まで買い進まれた。21日からカンボジアの首都プノンペンで開催中のユネスコ世界遺産委員会で、富士山の世界文化遺産登録が正式決定される見通しであることを材料視した買いが入っている。前日には、富士急行線(大月~河口湖駅)を富士山の5合目までの延伸構想が伝えられたことで上昇しており、期待値の高さを表している。

富士急の株価は13時55分現在1191円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)