NTTドコモが切り返す、山間部向けの小型基地局装置の設置で契約増に期待

 NTTドコモ<9437.T>は朝安の後プラス転換した。21日付の日本経済新聞が「山間部向けの小型基地局装置の設置を始めた」と報じたことが買い手掛かりになっている。小型化装置により高速データ通信(LTE)が使える範囲を現在の77%から15年度にも100%まで高めると伝えており、通信エリア拡大による契約増を期待した買いが入った。

NTTドコモの株価は14時10分現在14万6200円(△900円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)