大成建は朝安後ジリ高歩調、野村証が目標株価を330円に引き上げ

 大成建設<1801.T>は朝安後切り返し、ジリ高歩調となっている。一時、前日比13円高の351円まで買われている。野村証券は20日付のリポートで、投資判断「ニュートラル」を継続しながら、目標株価を従来の278円から330円へと引き上げている。
 リポートでは「会社予想は粗利率や営業外損益などの見方において保守的と見ており、短期業績に安定感はあろう。人材リソース(資源)を近年増加させないよう対応してきたこともあり、今後はひっ迫感が出始める状況であり、引き続き採算を重視したスタンスが維持される素地となろう。業績予想をやや引き上げたことに加えて、評価差額金の増加もあり、PBRで算出する目標株価を引き上げた」としている。

大成建の株価は14時14分現在350円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)