三井住友が後場プラス転換、ドイツ証券が目標株価を引き上げ

 三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>が後場プラス転換してきた。ドイツ証券では20日付でメガバンク3行の業績予想と目標株価の見直しを発表しているが、中で同社のみ目標株価を5230円から5320円に引き上げている。4月の国債残高削減、5月の株式ETFの一部売却などで市場部門収益が大きく増加したとみられることから、14年3月期の純利益予想を5250億円から6750億円に大幅に引き上げたほか、15年3月期についても、市場関連収益が減少するものの、既に前期で反転した単体資金利益が引き続き増加し、与信費用が低位で推移すると思われるため、同予想をこれまでの5450億円から6000億円に引き上げている。なお、投資判断は「バイ」を継続。

三井住友の株価は14時34分現在4320円(△50円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)