三菱UFJが堅調、タイのアユタヤ銀行買収が株価刺激材料に

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>が堅調。タイ大手のアユタヤ銀行を買収し子会社にすると22日付の日本経済新聞が報じており、これが刺激材料となっている。経営陣を派遣して個人から法人まで幅広い分野の総合金融サービスをタイで提供する計画。なお、買収増額は4000億円規模になる見通しと伝えている。同社をはじめ大手銀行株は長期金利の上昇懸念から株価に出遅れ感があったが、ここ最近は長期金利は高止まりも上昇一服感があり、これを背景に売り物をこなし浮上の気配をみせている。

三菱UFJの株価は9時13分現在587円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)