「五陽連」出現

「五陽連」出現
ドル/円は先週5営業日連続で陽線引けとなり、日足チャート上に「五陽連」が出現。これは、一般的には底値圏で出現すると相場上昇のサインとされている。

本日は20日移動平均線(本稿執筆時点では97.87円)を下値支持にして約半月ぶりとなる98円台半ばに上昇している事からも、上値を試す動きが先行しやすいと見る。
目先は98.76円(5/22高値103.73円~6/13安値93.79円の1/2戻し)を突破できるかに注目であり、超えられれば99.28円(6/10高値)まで上値余地が拡大しよう。