日足5日連続陽線、円安トレンド復活か!

マーケットコンディション
先週末は、大きな材料のない中、97.27円から始まり、日経平均を
気にしながら、上向きな流れで推移した。
欧州時間、日経平均の上昇を受け98.13円まで上昇をみせるが、
追随する動きはなく、97.81円でクローズを向かえる。

週明けは、週末の都議会銭で、自民党候補が全員当選を受けて
ドル円は97.96円でスタートし、安倍政権期待感から98.51円まで上昇、
その後98円台をキープしている。
日足5本連続陽線
週足ベースで、先々週(6/10~6/14)大陰線をつけたドル円だが、
先週(6/17~6/21)は、日足ベースで5日連続の陽線となり、
先々週の下げ幅を、1週間で取り戻した形となった。
来月21日の参院選を控え、安倍政権にとって株高・円安は必須項目
と考える。
月足ベースで陽線となる100.53円越えの可能性も出てきた。
☆戦略
買い継続

株価連動型の状態には変化ないが、今週は上攻めと予測する。
98.76円、99.27円と節目はあるが、月足・9か月連続陽線に期待したい。

ポイントレベル

100.53(6月の始値)
99.93(103.73-93.79:0.918%)
99.27(6/10の高値)
98.76(103.73-93.79:0.500%)

------------------------------------------------------- 
97.00
92.20(6/20の安値)
95.00
94.44(6/18の安値)
93.56(77.115-103.73の38.2%戻し)
92.56(4/2の安値)
90.42(77.115-103.73の50.0%戻し)

注)本日の予想は6月24日10:00に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。