アルペン、ヒマラヤなどアウトドア用品店が堅調、富士山の世界遺産効果に期待

 アルペン<3028.T>、ヒマラヤ<7514.T>などアウトドア・スポーツ用品販売各社が堅調。国連教育科学文化機関(ユネスコ)が22日、富士山の世界文化遺産登録を正式に決定したことで登山客の増加が予想され、アウトドアやスポーツ用品を販売する各社にも販売増期待が高まっている。また、同じくアウトドア用品の販売のティムコ<7501.OS>、アウトドアファッションを得意とするゴールドウイン<8111.T>などにも恩恵は大きそうだ。

アルペンの株価は10時33分現在1931円(△33円)
ヒマラヤの株価は10時33分現在1034円(△41円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)