大塚商会は続伸、野村証が投資判断を「バイ」に引き上げ

 大塚商会<4768.T>は続伸。一時、前週末比410円高の1万530円まで買い進まれている。野村証券が21日付のリポートで、投資判断を従来の「ニュートラル」から「バイ」へ、目標株価を1万円から1万2000円へとそれぞれ引き上げたことが好感されている。
 リポートでは「13年12月期の営業利益は320億円と、パソコン、複写機、パッケージソフトウェアなどが好調なSI事業を中心に、会社計画(305億円)を上回ると予想する。14年12月期以降は、景況感の改善や労働生産性の持続的な向上などを背景に、安定した増収基調が続き、過去ピーク営業利益を更新し続けると考えた」としている。

大塚商会の株価は11時16分現在1万440円(△320円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)