アークランドが急反落、第1四半期連結経常利益6.7%減を嫌気

 アークランドサカモト<9842.T>が急反落。前週末21日引け後に発表した第1四半期(2月21~5月20日)連結決算で、売上高は244億3800万円(前年同期比0.5%増)と増収を果たしたものの、経常利益は23億4600万円(同6.7%減)と減益に終わったことが嫌気されている。ホームセンター既存店売上高が前年同期比5.6%減とマイナスに終わったことに加えて、とんかつ専門店の積極的な事業展開によるコスト増などが響いたことが要因としている。
 なお、14年2月期通期業績予想は、売上高1000億円(前期比3.0%増)、経常利益92億5000万円(同3.5%増)の従来予想を据え置いている。

アークランドの株価は11時30分現在1521円(▼106円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)