ネットワンは反落、野村証が投資判断を「ニュートラル」に引き下げ

 ネットワンシステムズ<7518.T>は反落。一時、前週末比32円安の748円まで売られている。野村証券が21日付のリポートで、投資判断を従来の「バイ」から「ニュートラル」へ、目標株価を1100円から850円へとそれぞれ引き下げたことが嫌気されている。
 リポートでは「従来から、特定顧客向けの業績依存度が高く、セクター内では業績のボラティリティが高いことなどから、セクター平均を下回るPERを適用していたが、短期業績モメンタムがさらに厳しくなる点などを踏まえ、適用PERの水準を引き下げた。株価は短期業績の厳しさをある程度織り込んでおり、下値は限られるだろうが、ファンダメンタルズ改善に伴う株価上昇にはもう少し時間を要するだろう」としている。

ネットワンの株価は11時30分現在753円(▼27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)