日清製粉Gが朝高の後緩む、調理加工食品生産販売でベトナムに進出

 日清製粉グループ本社<2002.T>が朝高の後緩んでいる。21日にベトナムのホーチミン市近郊に現地法人を設立し、調理加工食品の生産工場を建設すると発表している。現地では都市部を中心とした人口増加に加え、経済成長に伴う食料消費の高級化と多様化が進んでおり、パスタソースなどレトルト食品を生産、周辺国への輸出も視野に入れ販売を拡大していく。現法の資本金は8600万ドル、約8億円で、日清フーズが75%、日清製粉グループ本社25%を出資、工場は来年秋稼働を予定している。

日清製粉Gの株価は11時30分現在1134円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)