スタンレーが続伸、三菱UFJMSが目標株価を引き上げで

 スタンレー電気<6923.T>が続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が21日付で投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を1555円から2020円に引き上げたことが観測されている。13年3月期後半に省スペースで小型の「プロジェクタータイプ」や低コストの「リフレクタータイプ」、広照射範囲で輝いたデザインの「ダイレクトプロジェクションタイプ」の3種類のLEDヘッドライトの量産供給体制の確立を発表。現状、ヘッドライトに占めるLED光源比率は極わずかだが、省エネ効果、デザイン性の向上、安全性向上などにより中長期的には高まる方向と同証券では予想している。また、ハロゲン、HIDなど既存光源からの需要シフトは、LED素子工程以降の付加価値を内部に取り込めることから、収益性にもプラスとしているほか、、車載用途以外のLEDは耐環境性能を競争軸に事業機会は拡大すると予想している。

スタンレーの株価は12時40分現在1807円(△39円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)