スクリーンが大幅反発、半導体株市況好転で押し目買い意欲強まる

 大日本スクリーン製造<7735.T>が大幅反発、前週末比21円高の521円まで上げ幅を広げた。米SOX指数が急反発するなど、半導体株市況が好転してきたことが好感されている。半導体洗浄装置、液晶製造装置の世界的メーカーで、半導体関連設備投資回復による受注増が期待され、押し目買い意欲が強まった。

大日本スクリーンの株価は14時21分現在515円(▽15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)