ハイデ日高が反発、居酒屋客取り込み最高益と報じられる

 ハイデイ日高<7611.T>が3日ぶりに反発。22日付の日本経済新聞夕刊で、同社やハブ<3030.OS>など会社帰りなどに軽くお酒を飲む「ちょい飲み」に対応した外食企業の収益が拡大していると報じられたことが手掛かり。記事によると、ハイデイ日高では昨夏に生ビールの価格を300円と50円下げた効果もあって、ビールの店舗あたり販売数量が前年同月比2~3割増えているとしているほか、ハブも今期、過去最高の10店の出店を計画するという。ハイデイ日高は14年2月期の営業利益37億4000万円(前期比1.4%増)を見込むほか、ハブは同6億8500万円(同3.5%増)とそれぞれ最高益更新を見込んでおり、記事により改めて好業績が見直される格好に。

ハイデ日高の株価は14時27分現在1999円(△50円)
ハブの株価は14時27分現在41万2500円(△1万1000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)