ビットアイルが続伸、東証上場接近で見直し機運

 ビットアイル<3811.OS>が続伸。5月8日の年初来高値1850円から21日には841円まで下落していたが、値ごろ感からの買い戻しが活発化しこの日は900円を奪回している。都市型データセンターを運営しており、クラウドの急速な普及などを追い風に受注は好調、今7月期は連結売上高170億円(前期比15.3%増)、営業利益33億円(同20.2%増)と大幅な増収増益を見込んでおり業績は好調。公募増資による需給悪化懸念も織り込んでおり、7月9日からの東証上場で見直し機運も台頭している。

ビットアイルの株価は14時33分現在900円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)