上海総合指数が連日安、中国ETFも値下がり目立つ

 中国株式市場は下げ止まらず、上海総合指数は4日続落。中国短期金融市場の指標である上海銀行間取引金利(SHIBOR)の上昇が懸念されており、短期金利上昇は中国経済の減速要因となりかねず、金融システム不安もくすぶる状況にある。東京市場で取引されている中国関連ETF(上場投資信託)では、上海市場の代表的な50銘柄で構成される上証50指数に連動する上海株式指数・上海50連動型上場投資信託<1309.T>などが安い。一方、香港証券取引所に上場している中国H株で構成されるH株指数と逆の動きをし、下落場面では値段が上昇する中国H株ベア上場投信(1573.T)は高い。

上海50連動型上場投資信託の価格は14時30分現在1万7000円(▼880円)
中国H株ベア上場投信の価格は14時51分現在1万4020円(△550円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)